Skip to Main Content

情報セキュリティ WITH AVEPOINT COMPLIANCE GUARDIAN

総合リスク マネジメント

データが作成されたまさにその瞬間から、コンテンツのライフサイクルを通じて内容のモニタリングを実行し、プライバシー・セキュリティ・コンプライアンスに関連するリスクを抑制します。

AVEPOINT COMPLIANCE GUARDIAN を利用して IT 管理者ができること

SharePoint・ファイル サーバー・データベース・Office 365 といった各種プラットフォームすべてを対象に、情報セキュリティが適切に守られる環境を構成します。Compliance Guardian は、スキャン・レポート作成・問題解決ソリューションをすべて含んだワンストップ ソリューションです。また、AvePoint Compliance Guardian は、閲覧者に関係のある問題のみをピックアップして表示するレポート作成機能とダッシュボード機能を備えています。発生した問題に応じて適切な担当者に対策が促されるため、迅速な問題の解決が可能になります。

データ ディスカバリー

きめ細やかなスキャンで、各ファイルに最も適した保護を実現

ファイル レベル・コンテンツ レベルでのスキャンおよび分析により、不適切なコンテンツのブロックや、最重要データの保護など、各ファイルの性質や重要度に応じた分類・保護が可能になります。監視ツールを活用してプライバシー ポリシー違反とアクセス許可ルール違反に対して警告を発し、潜在的リスクの高いデータを検知・レビューすることにより、インシデントの深刻化を未然に防ぎます。

データ分類

手間暇をかけることなく、組織で統一された分類方法でデータを整理

データを安全に保管するためには、まず組織がどのようなデータを持っているかを把握する必要があります。組織内で統一されたデータ分類基準に従い、既存のコンテンツと新規データの両方を対象に、コンテキストと所有者情報に基づいた自動タグ付けを実行します。自動で実行可能なアクションにより、時間と IT リソースを節約することが可能になるばかりでなく、アクセス権限ポリシーや情報ガバナンス ポリシーが自動的に守られる環境が実現します。

データ損失防止 (DLP)

コンテンツの誕生から消去まで、途切れることなくデータを守る

Iエンド ユーザー同士のコラボレーション促進を阻害することなく、ファイル サーバー・SharePoint・Yammer など、各種プラットフォームに存在するデータに起きる問題を未然に防止するアクション プランを導入します。コンテンツ レベル対応のスキャンと自動タグ付け・分類・機密情報を含む可能性のあるドキュメントの保護・位置情報を活用したロケーション ベースのモバイル アクセス コントロールを織り込んだアクセス許可とポリシーの遵守などの様々な機能により、エンド ユーザーが慣れ親しんだ働き方を無理に変えさせることなく、情報を守る体制を構築します。

インシデント管理

問題解決アクションを組み込んだレポート機能

組織の情報環境における潜在的リスクを検出するだけでは、まだ十分とはいえません。セキュリティ トリミング・優先順位付けを組み込んだレポート出力機能で、コンテンツ オーナーやコンプライアンス担当部署に、最優先に取り組むべき問題を分かりやすく提示することにより、迅速かつ効果的な問題の解決が可能になります。

COMPLIANCE GUARDIAN 関連資料